ABOUT 医院紹介

PROFILE 当院のなりたち

地域とともに80年、
そして未来へ

当院は枚方市牧野において親子3代、約80年間にわたり「山羽歯科医院」として、地域の皆様とともに歩んでまいりました。2015年には医療法人化し、より公共性が高く良質な歯科医療を提供する歯科医院として発展してまいりました。これからも患者様に信頼され、安心して通っていただける歯科医院を目指して、2021年に現在地へ移転。また、コンセプトを同じくする歯科医師なら誰でも継承でき、地域の皆様が孫やひ孫の代まで通える《未来のある歯科医院》となるために、医院名を「山羽歯科医院」から「とうかえでの道デンタルクリニック」と改称いたしました。「とうかえでの道」とは医院前の道路に付けられた愛称であり、地域に根ざした歯科医院にふさわしい名称であると考えています。

専門医による
充実した治療と
歯科医療スタッフの
おもてなしの心

患者様は一人ひとりがさまざまな悩みを抱えているため「どこに行けば自分に合った治療を受けられるのだろう」とお困りの方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんなときは【とうかえでの道デンタルクリニック】にぜひお越しください。インプラントや口腔外科、補綴治療のスペシャリストが世界水準の設備と技術での治療をご提供いたします。

また、経験豊富な歯科医療スタッフが一人ひとりのご要望をお伺いし、痛みやお悩みに寄り添い、一緒に解決していく。そんなおもてなしの心を持って皆様のご来院をお待ちしております。

FACILITY 設備紹介

安心・安全の歯科治療をご提供するため、当院ではさまざまな設備を積極的に導入しております。高い技術と先進的な設備により、効率良く確実に問題点にアプローチしてまいります。

口腔内スキャナー
多くの歯科治療において必要な「型取り」は、あまり気分の良いものではありません。また、材料・方法・温度管理が患者様の口腔に合わなければ型の精度が低くなってしまうため、「うまく取れなかったのでもう一度」という経験もあるはずです。
しかし、ご安心ください。当院では、近年開発された「口腔内スキャナー」による型取り方法を導入し、3台の口腔内スキャナーを設置しています。時間をかけず、簡単に、精度の高い型を作ることができるため、セラミック治療・矯正治療・インプラント治療に応用しております。
歯科用CT
歯と歯の間のむし歯や歯周病で溶けた骨の状態を調べるためには、X線写真の撮影が必要です。しかし、X線写真は一方向からの撮影となるため、歯や骨が重なって見える場所の診断はできませんでした。
しかし、特にインプラント治療においては「CTスキャン」が世界的な常識となっています。そこで当院でも、インプラント治療・親知らずの抜歯・歯周病の治療・歯の根管部の治療において、歯科用CTを導入しています。
マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)・
拡大ルーペ
マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を使用することで、肉眼の10~40倍の拡大率で歯を観察できるようになります。そのため肉眼では見えない病気の原因も見逃さず、より確実に治すことが可能です。当院では2台のマイクロスコープを設置し、むし歯治療・根管治療・歯周病治療・精密な歯の切削などに使用しています。
また、通常の診療でも2.5~8倍に拡大できるルーペを使用し、肉眼で行うよりも精度の高い治療をご提供しています。
チェアーサイド
CAD/CAMシステム
コンピューター制御によりセラミックを削り、歯の修復物を作成するCAD/CAMシステムを2システム導入しています。口腔内スキャナーと併用することで、歯型を取ったり歯科技工所に依頼したりせず、その場で高品質なセラミックブロックを加工し、ローコストで修復物を作成することができます。
欧米基準の滅菌システム
滅菌処理が不十分な場合、唾液や血液を介して細菌やウイルスが体内に入ってしまい、院内感染を起こしかねません。そういったリスクを回避するため、当院では欧米基準の高度な滅菌システム(クラスBタイプ)を採用し、滅菌後は間違いのないようパッキングして管理しています。
また、グローブ・紙コップ・エプロンなどの滅菌できないものは、できるかぎり使い捨て(ディスポーザブル)の器具を使用。患者様ごとに一度ずつ交換することで感染対策を徹底しております。
加えて、空気中のウイルスや細菌への対策として、医療用の空気清浄機を導入してクリーンな環境を保つようにしています。

CONTACT
お問い合わせ

インプラントをはじめ、歯やお口のお悩みなら
いつでも下記よりお問い合わせください。