BLOG ブログ

「痛くない麻酔」の7つのポイント

「痛くない麻酔」の7つのポイント

優しい歯医者さんを目指して|とうかえでの道デンタルクリニック

サイト変更により消えてしまったブログの中で好評だった記事をリメイクしました。
先生の麻酔は痛くないとお褒めをいただくことが多いのですが、アタリマエのことをしているだけなので、ピンとこずあまり深く意識してなかったのですが、改めて考えてみてそのポイントを綴ってみました。歯医者さんで麻酔が痛いのはほんとに辛いので、当クリニックのドクターはみんなこの方法で麻酔をしています。

極細の注射針で痛みを和らげます

注射針
 歯科の局所麻酔は注射によるものがほとんどです。歯ぐきに針をさすので痛いに決まってますよね。そこで、歯科治療では注射針の太さが0.26〜0.4mmの極細注射針を使います。そうです針は細いほうが痛くないのです。当クリニックでは一番細い0.26mmを使っていますが、針が細いと麻酔液を入れるのに相当力が必要で手がピクピクするのが難点ですね。

あらかじめ表面麻酔を塗ります

表面麻酔
 いくら極細の針を使っても針には変わりありませんし、歯ぐきはとても敏感です。そこで、針を入れる前にゼリー状の表面麻酔を塗ります。これを塗ることで、針を入れるところの歯ぐきの表面の感覚が鈍くなり痛みを感じにくくなるのです。30秒ほど置いておくのですが、唾液と混ざって喉に流れると変な味がしますし、喉の奥のほうが麻痺して気持ちが悪いので注意が必要です。

麻酔薬を温めます

麻酔薬の保温器
 さて、針を入れることが痛いのは普通だと思いますが、麻酔が本当に痛いのは麻酔薬が歯ぐきの中に入ってくるからなんです。もしその麻酔薬が体温より低く冷たかったらどうでしょう。急に冷たいものが身体の中に入ってきたらそれは痛みとして感じます。そこで、当クリニックでは保温器を使って麻酔薬を予め体温付近の温度になるように温めています。これはかなり効果があると思いますよ。

歯医者さん用の電動麻酔器を使い、ゆっくり麻酔をかけていきます

 麻酔薬が歯ぐきの中に入ってくる痛みは温度だけじゃありません。その時の注入圧が強いと痛みを感じます。できるだけゆっくり注入するほうが痛くないのですが、極細の針では圧力のコントロールが難しいのです。それが、電動の麻酔器なら麻酔薬をゆっくりと注入することができるのです。しかもこの器械は注入速度の強弱調整や注入速度を徐々に早めるといった機能もついています。これを使うと患者さんは痛みが少ないし、私たちも無理な力をいれなくても注入をコントロールすることができます。

痛くないところから針を入れ、徐々に針先を動かします

 痛みを和らげる方法として神経終末である痛点が少ないところから針を入れます。口の中は痛点の多い場所と少ない場所があり、どこから入れれば痛みが少なく、効果が得られるかを考えながら針を入れています。そして、ある程度麻酔薬を入れたら感覚のない部分が出てくるので、その範囲内でゆっくりと針を先に進めるか、麻酔が効いているであろうところに再度針を入れていきます。また、麻酔薬は柔らかい組織の方に流れていくため、本当に効かせたいところに回らないことがあります。そのようなときは歯科用ミラーや指を使って、ダムを作るように歯ぐきを押さえ、麻酔薬の広がる方向を調整します。

呼吸を整えていただきます

 麻酔のときは皆さん緊張しますよね?でも緊張して身体が硬直すると、痛みが増すという研究論文を読んだことがあります。また、深呼吸するとわかりますが、ヒトは息を吸うときに身体が緊張し、吐くときに緩みます。その論文では、この緩んだタイミングで注射針を入れるほうが痛みを感じにくいと書いてありました。なので、針を入れる前に深呼吸をしてもらって、息を吐くタイミングを見計らって注射針を入れ、先へ進めるようにしています。そして、注入中は必ず患者さんの表情の変化を観察し、微妙な皮膚の動きで痛みを推測し、注入を止めたり、注入速度を遅くしたりしています。

患者さんにおまじないをかけます

さて、ここまで読んでいただきありがとうございました。最後のポイントですが、私は麻酔のときに患者さんにあるおまじないをかけます。実はこれが一番効果的かもしれません。でも、これをここで書いてしまうとおまじないが効かなくなるのであえて書かないでおきます。実際にお越しいただいて麻酔をする機会があったらわかるかもしれませんね(笑)是非体験してください。

まとめ

治療が痛くないようにするための麻酔なのに、麻酔をすること自体が痛いなんてとっても矛盾しています。痛くない麻酔ができないと患者さんは歯の治療をしたくないですよね。私たちは患者さんが歯科治療が嫌にならないようにいろいろ考えながら麻酔をしています。それでも、痛みの感じやすさは個人差や精神状態によってもずいぶんと変化するため、やはり麻酔が痛いこともあります。なので当クリニックでは無痛治療とは言い切りません。麻酔も含め、できるだけ痛みの少ない治療を心がけています。

CONTACT
お問い合わせ

インプラント、ホワイトング、セラミック治療などのご質問や、歯やお口のお悩みなら
いつでも下記よりお問い合わせください。