MENU 診療案内

むし歯治療 caries

OVERVIEW 概要

もっとも怖い
「再発」を防ぐ治療を

歯科医院で行われているむし歯治療の大半は「再発むし歯」の処置。しかも回数が重なるたびに歯は削られ、やがて抜歯することになってしまいます。当院ではむし歯がふたたび発生しないような治療方法と材料をご提案します。

むし歯治療
CAUSE むし歯の原因
むし歯とは、お口の中にいるミュータンス菌によって「酸」が作られ、歯が溶けていく病気です。むし歯の発生には4つの原因があります。

【むし歯菌】
酸を産生する細菌は「プラーク」という塊として歯の表面に付着しています。プラークは粘着性が強く、うがいだけでは取れませんから、歯ブラシなどでこすり取らなくてはいけません。そのため、歯並びが悪くブラッシングしにくい場所はむし歯になりやすくなります。

【糖分】
むし歯の原因としては「砂糖」が有名ですが、ほかにも糖分はさまざまな食品に含まれています。スポーツドリンクや乳酸菌飲料などの飲料、みりん・ソース・ケチャップなど味の濃い調味料にも注意が必要です。

【歯と唾液の質】
歯の溶けやすさには個人差があり、歯の質によってはむし歯になりにくい人もいます。また、フッ素を効果的に使えば、酸に対する抵抗性を上げることが可能です。さらに、酸を中和する働きがある唾液も大切。唾液の量は加齢や病気によって減りますので、お口が渇きやすい方は注意しましょう。

【時間】
糖分を取ったらすぐにむし歯になるわけではなく、実は唾液によって酸の働きは自然と弱まっていきます。しかし、歯みがき不足で長時間プラークが残っていたり、ダラダラ食べつづけたりすることで糖分が長時間お口の中にあると、むし歯のリスクが高まります。
COLUMN 再発むし歯について
最初のむし歯とは異なり、再発むし歯は「歯と詰め物の境目」から発生します。境目をしっかり封鎖するためには、次のようなポイントを守る必要があります。

・段差や隙間がなく、フィット性の良い治療を行う
・詰め物やセメントには、接着力が高い良質な材料を用いる
・噛む力によってセメントが壊れにくいよう、噛み合わせを治し、歯ぎしりや食いしばりを防ぐ

また、歯と詰め物の境目を意識したブラッシングが欠かせません。詰め物をする前と同じブラッシングでは、いずれ再発むし歯ができてしまうでしょう。デンタルフロスや歯間ブラシといった補助器具を使ったり、細かい作業が苦手な高齢の方は電動歯ブラシを併用したりすると効果的です。

まずはご相談から

OTHER MENU その他の治療

CONTACT
お問い合わせ

インプラントをはじめ、歯やお口のお悩みなら
いつでも下記よりお問い合わせください。